TKFについて

TOP >> TKFについて >> 会長あいさつ

会長就任のご挨拶

首都圏公設試連携体TKF会長(東京都立産業技術研究センター 理事長)奥村 次德 平成28年4月1日付けで、TKF(首都圏公設試連携体)会長に就任いたしました奥村次德でございます。

TKFは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県では平成14年から首都圏公設試連携体TKF(Techno Knowledge Freeway)をスタートさせ、平成20年には横浜市の参画、平成24年には長野県、平成25年には栃木県、群馬県、山梨県、平成26年には茨城県、静岡県、平成27年には新潟県のオブザーバ参画も得て、現在では13機関の連携体を構成し、①設備、技術情報の共有と中小企業へのワンストップ提供、②パートナーグループ活動による技術力強化、③各県研究発表会での相互成果発表、④職員の相互技術研修などの県境を超えた技術支援活動を行っています。

TKFの役割は、今後ますます重要の度を増していくものと考えております。日本の産業の原動力は中小企業であり、中小企業の活躍が日本の発展には不可欠です。中小企業の皆様にはTKFの活用、さらには「広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)」の活用を通じた積極的な事業展開をお願い申し上げます。

平成28年4月
首都圏公設試連携体TKF会長
(東京都立産業技術研究センター 理事長)
奥村 次德